キャッシングとカードローンはどう違う?

初めてでも安心 カードローン・キャッシングの選び方・ポイントまとめ

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンは似たようなサービスなので区別して利用していない方も多くいらっしゃいますが、両者は返済方法の種類に違いがあります。

カードローンは限度額までなら自由に借り入れOKで、返済方法はリボ払いであることがほとんどです。

一方キャッシングは、翌月一括返済が一般的です。

リボ払いとは、借入額によって支払回数や期間を設定する分割払いではなく、月々決まった額を支払う方法で、毎月支払われる額が固定なので管理がしやすいメリットがあります。

同じ10万円を借りた場合でも、カードーローンは月々の固定額、たとえば1万円を全額返済しきるまで何カ月かに分けるのに対し、キャッシングは借りた次の月に一回で返済します。

もともとキャッシングは「お金を引き出す行為」という意味があり、それほど多くない金額を借りることが多く、ローンはまとまった金額を借りることが多かったため、支払方法に違いがあるようです。

しかし上記は一般的な違いであり、会社によって明確な定義を設けておらずほぼ同じ意味としている場合もあります。

リボ払いをしたいからカードローンに、という決め方ではなく、それぞれの会社の利用方法、返済方法をよく確かめた上で決めましょう。